新型オービス 最新レーダー探知機 実証実験 結果

小型オービス対応と記載のある2017年最新レーダー探知機を購入したので実証実験をしてみることにしました。

検証機種 2017年2月購入

ユピテル  GWR303sd
コムテック ZERO803V

検証した場所

埼玉県北本市深井7丁目


岐阜県大垣市三塚町

↓埼玉

↓岐阜

現在(2017年03月)新型オービスのうち常設されているものは全国で2台しかなく確認しうる限り岐阜県の大垣市と埼玉県の北本市にあります。いわゆるiMというタイプでしょうか。

あとの新型のオービスは移動式と呼ばれているものでコロや三脚がついおり移動します。

そのため、どの場所でいつ設置されていつ撤去されるかわからないのが現状で今回検証ができませんでした。

移動式オービスはロボット系のタイプの物が岐阜で何件か目撃情報あり。最近では三脚式の小型オービスが富山と愛知で多々目撃されているようですね。

是非、最新レーダー探知機でキャッチできるか検証してみたいですね。検証できた方などおられたら情報頂けたら幸いです。

それでは検証結果です。


【GPSポイントでの警報】

ユピテル GWR303sd →半径1Km圏内(手前)より段階的に警報

コムテック ZERO803V →半径500m圏内(手前)

レーダー波での警報

ユピテル GWR303sd 約200m手前

コムテック ZERO803V 約200m手前

※全方の車の状況により受信距離がかなり前後するが条件がよくてこれくらいの距離と判定できた。
※両機種とも感度MAX、スピードによる自動キャンセル機能をOFF設定。
※コムテックはハイウェイモード固定。ユピテルはGPS未測位状態を保つ様工夫。


まとめ

埼玉、岐阜の例に限りだが

両機種ともレーダー波での受信が可能で優秀

GPSポイントデータに頼る必要がなく、ポイントデータでまだ更新のない新しく設置された新型オービスには効果てきめんの可能性。

設置場所は狭い道路なのでそもそもスピードは出せないところであったが新型のオービスの抑止力は凄い。埼玉の方は出せるかな。夜中などで気づかずにぶっ飛ばしていたらガチでヤバいであろう。
200m手前で察知できればフルブレーキで間に合いそうな距離。

さて、ここで気になるのはやっぱり移動式の小型オービスですね。最近、富山や愛知でよく確認される三脚型のタイプね。もはやレーダー式じゃない可能性すらある。あれらは検証できてないので情報求む。上のお問い合わせフォームかTwitterでこっそり教えて頂けたら幸いです。

安全運転で快適なカラーライフを!!

こちらの記事もチェック

コムテックZERO803V徹底レビュー
2017年最新コムテック製レーダー探知機ZERO803Vを購入したのでレビューしてみようと思います。
ユピテルGWR303sd徹底レビュー
2017年最新ユピテル製レーダー探知機GWR303sdを購入したのでレビューしてみようと思います。このモデルは2017年最新ユピテル製レーダー探知機の中で最高スペックの物となります。(2017.2.24現在)ちなみにA320というモデルもありますが、販売店とロゴが違うだけで性能差はありません。
レーダー探知機 無線15バンド別 重要度 徹底解説
レーダー探知機の機能についているレシーバー機能 残念ながらあれって何の意味があるのかあまり知られてなかったりします。 そこでどう...

あなたの参考になればラッキーと思いたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク