コムテックZERO602V徹底レビュー

今回はコムテック製レーダー探知機ZERO602Vを徹底レビューしてみたいと思います。

発売時期 2016年4月

コムテックレーダー探知機の中では6シリーズと呼ばれているシリーズのモデル。ZERO602Vが発売してから現在(2017.11.1)までで1年半経ちますがこの間に新製品が発売されていないので6シリーズの中では現行モデルとなっています。


Amazonのレーダー探知機売れ筋ランキングをチェックしてみたらZERO602Vはな・な・ななんと1位になっていました。(2017.11.1現在)

ベストセラー1位!!って

正直ちょっと驚きました…。

おそらく「いろいろスペック比較してみて安価と思ってポチる人がほとんどなのかなぁ」と

結局は安さか・・・。

と思ったので、このサイトではマニア目線でZERO602Vについて徹底レビューしていきたいと思います。

のちのちなぜ驚いてしまったのかを解明していきます。

それではレビューしていきましょう。


まずは6シリーズ全般の紹介

Amazonのレビュー内容にもあるようにGPSレーダー探知機としての基本的性能は十分にあり上位モデルの7シリーズとほとんど変わりません。パット見でも3.2インチ液晶搭載しており他のレーダー探知機と疎遠ない様に見えます。

それでは7シリーズと6シリーズの違いはなにかということですが、実は細かく見ると結構違いがあります。

7シリーズから省かれている機能

・タッチパネルが非搭載

リモコンがついているから問題ないように思いますが、実はこのシリーズにはリモコン以外のインターフェイスが存在しません。スッキリしていて良いと言えば良いのですが、逆に言えばリモコンがなければ操作不能に陥ってしまうリスクがあります。そしてこのリモコンよく無くしてしまいます(笑)無くさないよいうにしっかり管理しておきましょう。

・レーダー波での移動式小型オービスに対応していない

移動式小型オービス対応と書いてあるので安心して買っちゃいそうですが、実はGPSポイント警報のみとなっていてレーダー波での受信対応をしていません。。7シリーズではZERO703Vからレーダー波受信が対応となっています。レーダー波で受信できる事のメリットの説明は省略させていただきます。→他内容チェック

・ドライブレコーダー連携機能が非搭載

この機能はレーダー探知機の拡張機能として7シリーズ以上のモデルでは標準搭載されておりますが6シリーズでは非搭載です。将来的にドライブレコーダーと連携を考えている人は要検討。

・LEDイルミネーションが非搭載

7シリーズ以上のモデルには様々な警報に連動したマルチカラーLEDが視覚的に警報をわかりやすくしてくれますが、6シリーズには搭載されておりません。これもコストダウンの一環でしょう。特にコムテックの場合はLEDイルミに独特のこだわりと美しさがあるので光り物好きな人は要検討。

・無線ランオプションに非対応

無線ランオプションとは専用のSDカードを購入して挿入するとスマホからレーダー探知機の設定ができたりGPS警報ポイントの更新ができたりと何かと便利になる機能。6シリーズではこの機能は搭載されていない。この機能が必要かどうかと言われるとなんとも言えないがあればそれなりに使えるという感じ。コムテックの場合ポイントデータが無料なのでそこで活かせる。この機能が欲しい人は要検討。

以上が7シリーズから省かれている点です。

その他の機能は全般的に同じでGPSレーダー探知機としては十分です。

測位できる衛星数(GPS、GLONASS、みちびみ、SBAS)、レシーバー受信機能(15バンド)、各種センサー類(加速度、照度、Gジャイロ)、OBD2オプション対応(表示項目は一緒)と特に当たり障りのないスペックを持っています。

俺氏の中では6シリーズは7シリーズの廉価モデルという解釈です。

以上がスペック上でのまとめでした。

よく売れているのはスペックに対しての価格が安いからだと思います。

それでは


ここからは机上スペックでは見えてこなかった俺氏調べの本当のスペックを紹介しましょう。


最近の6シリーズの謎(9シリーズも同様)

ここからはレーダー探知機マニアが思う最近の6シリーズの謎について触れます。

6シリーズは2015年6月発売ZERO600V以降のモデルから何らかの設計変更があったと感じています。というのも以前に発売されていたZERO62Vまでには見られなかった違いが随所に見受けられるからです。

windows®Embedded Compact CE ロゴの存在。

裏面にwindows®Embedded Compact CEのロゴの存在。これはZERO62V以前のモデルには見られませんでした。このロゴが貼られているモデルはZERO62V以降の6シリーズとZERO94VS以降の9シリーズ。7シリーズ8シリーズなどのシリーズには見られません。おそらくwindowsベースのOSを使用しているという事でしょう。

そして長年多機種に渡りレーダー探知機を使用してきた俺氏が思ったこと。

・このOS使用機種には共通の悪点が存在している事

最大の悪点はよくバグる。フォントや絵のデザインが微妙に違っているだけならまだ良いがフリーズはするし本体は熱くなるし動作は遅いわで正直芳しくない。さらにひどいのはレーダー受信感度が悪い。近所にステルス取締をよくしている場所があるのだが同じコムテックの中でもこのロゴの付いているモデルはなぜか反応しないことが多々ある。ちなみに察知能力はユピテルが高く真っ先に反応する。

・保証が1年の謎

次にAmazonのレビューでも星1が多いという事もさることながらここには他と違う系統の事柄が多く書かれている事に着目頂きたい。そう、速攻でぶっ壊れるのである。ちなみに俺氏のZERO600Vは半年で液晶真っ白でガラクタ化してます。最近の7シリーズや8シリーズの保証は3年付いているのになぜか保証が1年なのである。「なぜか」としたのはシリーズ最高峰とされている9シリーズも保証が1年になっていて、ここで言えることは共通してwindows®Embedded Compact CE ロゴの存在がある事。つまりは、最高峰であろうと1年しか保証できない何かがあると言うことなのである。(当たりハズレ要因がでかすぎる。)


俺氏的まとめ

正直な事を言うと

「コムテックの中でもwindows®Embedded Compact CEロゴが貼り付いているモデルは特におすすめできない。」

具体的にはZERO600V、ZERO602V、ZERO94VS、ZERO903VS

今回は辛口レビューでしたが悪しからず(笑)もちろん普通に使えてる人もいるのでそれなりに満足できる商品なのでしょう。たぶんね。

Amazonでベストセラー1位騙されちゃいけないよって事でした。

ZERO602Vを買うならもうひと奮発して上位機種を買うか同じ価格帯のユピテルを買ったほうがベスト。コムテックでいきたいなら上位じゃないけどZERO304Vとかおすすめかな。この機種はなかなかいい味してるよ。


最新価格をチェック

ZERO602V (☆1レビューも要チェック)

コムテック レーダー探知機 ZERO 602V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能
コムテック レーダー探知機 ZERO 602V 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能

ZERO304V (レビューもしてるから是非チェックしてみてね)

コムテック レーダー探知機 ZERO 304V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 2.4インチ液晶 超小型モデル ZERO 304V
コムテック レーダー探知機 ZERO 304V 無料データ更新 移動式小型オービスダブル対応/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS メーター機能 2.4インチ液晶 超小型モデル ZERO 304V

↓   ↓   ↓

コムテックZERO304V徹底レビュー
今回はコムテックレーダー探知機ZERO304Vを徹底レビューしてみたいと思います。 発売日 2017年8月下旬 コムテッ...

あなたの参考になればラッキーと思いたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
*/Amazon mobile popover*/