ミラー型レーダー探知機のメリット・デメリット

ハーフミラー越しに映し出される液晶画面のあの怪しげな感じ。ミラー型レーダー探知機って、気になる人には気になる商品ですよね。ミラー型レーダー探知機、俺氏は嫌いじゃありませんよ。

さて

ミラー型ワンボディレーダー探知機と通常のダッシュボードに置くワンボディタイプレーダー探知機にはそれぞれの特徴があり良し悪しがあります。

今回の記事ではワンボディタイプレーダー探知機を基準に比較しながらミラー型レーダー探知機のメリットデメリットを紹介してみたいと思います。


ミラー型レーダー探知機

メリット

・見栄えがよい

・ドライブレコーダー連携機能付きモデルだと連携時配線に有利

・外部入力でバックカメラと連携させると見やすい

ダッシュボードに設置する必要が無いのでスッキリと見栄えがよくなりなります。さらにドライブレコーダーと連携機能のついたミラー型レーダー探知機ですとドライブレコーダーと連携して使用する場合に有利になります。レーダー探知機から連携ケーブルを通して電源供給ができますのでケーブルも1本で済みますしバックミラーのすぐ裏にドライブレコーダーを設置しておけば一箇所でまとまるのでかなり綺麗に設置できます。通常のダッシュボードに設置するタイプではここまで綺麗に設置するのは難しいです。

外部入力機能付きのモデルですとオプションでバックアップカメラに接続できるものがあります。これを利用する場合ダッシュボードに置くタイプと比べるとバックミラーに液晶が埋め込まれているほうが見やすいですよね。そのあたりがメリットかなと感じています。

デメリット

レーダー受信感度が落ちる傾向にある。

・GPS受信感度が落ちる傾向にある。

・純正自動防眩ミラーが使えなくなる。

デメリットは主に純正ミラーの上に覆いかぶさって設置が余儀なくされる事にあります。特徴的なデメリットは主に上記3つ挙げられます。

レーダーやGPSの受信感度が落ちてしまう理由はアンテナが純正バックミラーとの間に挟まれてしまうからです。GSPアンテナは製品の端についていますので純正ミラーとかぶらないように設置すればさほど感度を気にするレベルで減少する事はありませんがレーダー受信用のアンテナはどうしてもかぶってしまいます。さらに、純正で自動防眩ミラーが搭載されている車はその上にミラーを重ねて設置してしまうと当然使えなくなってしまいます。高級車やグレードの高い車ですと標準で搭載されている事が多いのでせっかくの機能が使えなくなってしまうのはちょっと心苦しいですよね。

以上がミラー型レーダー探知機のメリット・デメリットでした。


ここからは俺氏的使い方を紹介

俺氏の使用例を紹介してみたいと思います。コムテックZERO802Mを40cmの連携ケーブルを使ってコムテックHDR-351H(ドライブレコーダー)を連携して使用しています。

連携して使用するメリットはこちらの記事にまとめましたのでご参考に↓

レーダー探知機とドライブレコーダーを連携させると何がよいのか
私の知りうる限りこの機能を搭載したドライブレコーダーを販売しているのはコムテックとセルスターしかありません。さて、この機能を使うことによって何が良いのかということを徹底解説してみようと思います。

コムテックZERO802Mにした理由は、画面が4インチと大きい事とモーションセンサーが搭載されている事です。このモーションセンサーが意外に便利で手を振りかざすだけでドライブレコーダーの録画映像とレーダー探知機の待受画面と切り替える事ができます。この機能は優れものですね。ただ、ZERO802Mはここ最近出没し始めてる小型オービスにレーダー波受信が非対応なんですよね…。是非コムテックには小型オービス対応機の後継機ZERO803M?あたりを発売して欲しいですね。そうすれば完璧だと思います。ユピテルから小型オービスレーダー波受信可能なA520が発売されていますがユピテルにはそもそもドライブレコーダーを連携する機能がないので悩ましいところですね。

 ちなみに私がミラーレーダー探知機で一番失敗した経験は友人のレクサスCT200hに設置をしようとして自動防眩ミラーだった事に気づいた事でした。あの時は「あっ、やっべ」ってなりました(笑)みなさんは気をつけてくださいね。

ミラーレーダー個体のレビューもしてますので気になる方はチェックしてみてください。

https://oreno-life.com/zero802m/

あなたの参考になればラッキーと思いたい

最新価格チェック↓

コムテック

ZERO802M
コムテック レーダー探知機 ZERO 802M 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 ミラー型 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携
コムテック レーダー探知機 ZERO 802M 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 ミラー型 OBD2接続 GPS メーター機能 ドライブレコーダー連携

HDR-351H
コムテック ドライブレコーダー HDR-351H 200万画素 Full HD 日本製&3年保証 常時録画 衝撃録画 レーダー探知機連携 補償サービス2万円
コムテック ドライブレコーダー HDR-351H 200万画素 Full HD 日本製&3年保証 常時録画 衝撃録画 レーダー探知機連携 補償サービス2万円

コムテック 相互通信ケーブル ZR-14 レーダー探知機&ドライブレコーダー用オプション品 長さ約0.4m
コムテック 相互通信ケーブル ZR-14 レーダー探知機&ドライブレコーダー用オプション品 長さ約0.4m

セルスター

AR-W91GM
セルスター レーダー探知機 AR-W91GM 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 無線LAN フルマップ OBDII対応 ミラー型
セルスター レーダー探知機 AR-W91GM 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 無線LAN フルマップ OBDII対応 ミラー型

CSD-670FH
セルスタードライブレコーダー CSD-670FH 日本製3年保証 駐車監視 GPS 2.4インチタッチパネル microSDメンテナンス不要 安全運転支援機能
セルスタードライブレコーダー CSD-670FH 日本製3年保証 駐車監視 GPS 2.4インチタッチパネル microSDメンテナンス不要 安全運転支援機能

セルスター ドライブレコーダー接続コード GDO-12 レーダー探知機接続コード 3極DCプラグ 0.8m 12V車専用
セルスター ドライブレコーダー接続コード GDO-12 レーダー探知機接続コード 3極DCプラグ 0.8m 12V車専用

ユピテル

A520
ユピテル レーダー探知機 クイック測位リモコン付誤警報カット A520
ユピテル レーダー探知機 クイック測位リモコン付誤警報カット A520

こちらの記事もおすすめ

コムテック ドライブレコーダー HDR-352GH HDR351H 違い 徹底比較
コムテック製ドライブレコーダーHDR-352GHとHDR351Hの違いについて書いてみようと思います。 購入を検討されている方の参考に...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
*/Amazon mobile popover*/