秋葉原で売っているジャンク品で遊んでみる mp3プレーヤー

週末暇だったので友達と喫茶がてら秋葉原駅周辺をふらふらしてきたついでに思わず買ってしまったグッツをレビューしてみたいと思います。

中央通りを渡ってゴニョゴニョと小さなお店が並ぶ通りにある商店のワゴンで見つけた一品。

MP3プレーヤー 200円

今どき「こんな物を買うやついるんかい!!」とお思いかと思いますが

いるんですよココに(笑

動作未チェック品との事。いわゆるジャンク品ですね。

ちゃんと動くのか音質はどうなのかとか普通の人は気になるところでしょうがそんなのどうでもいいんです。俺氏にとっては子供の頃のガチャポンと同じ好奇心なのです。当たり外れ使えるのか使えないのか200円で味わえるスリルですね。

早速持ち帰って動かしてみました。

説明書を一読すると
充電→MicroSD挿す→PCから曲を送る→聞く という流れ。ま、普通。

まずは充電
ランプは適切に動いているようです。2時間ほど放置しておきました。

PCから曲を送ってみる

そこらへんにあった16GBのMicroSDカードを挿し込んでPCと接続。ドライバーはちゃんと自動インストールされて認識された模様。

さて、お気に入りのBGMでも送ってみるか! 


しかし、いつまで経っても送れない…。と、ここでジャンクレベル1の関門にあたりましたね。MicroSDの中身はプレーヤーを通して見えてはいるが送れない。もちろん説明書通り適切な環境下で検証してますよ。しゃーない とりあえず普通にカードリーダーで曲をぶっこんでみる。

SDカードを挿して早速スイッチON。

うはっ!!ジャンクレベル2の関門にあたりました(笑

音が出ない….。

あ!!ちょっと待てよ、こいつバッテリー死んでないか?そもそも充電できてない模様そだねー

製造時期も不明だしバッテリーも死んでる可能性大だったわなw

とりあえず分解

小ネジ2本で止まってるだけの簡単仕様。製造時期も発見2010年8月らしい。3.7V 95mAhのリチウムポリマー電池が搭載されていた。

修理を試みる
ということで、これに変わる代替バッテリーを探すために再び秋葉を散策。ちょうどいい小ぶりな物を物色。発見したのは3.7V 220mAhリチポチ。ちょっとデカイけどまぁなんとかなるかと購入し帰宅。

結局デカくてケースに収まらなかったので自作することに
使用した道具:半田コテ、ニッパー、棒ヤスリ、熱収縮チューブ、リード線、両面テープ、プラケース。所要時間30分程度。バッテリーのリード線を延長して基板に半田しただけ。目の前にちょうどいいSDカードケースがあったのでバッテリーを入れてみたら奇跡のコラボレーション(笑)ちょっと加工したけどね。

完成品↓

充電ができるようになってしっかり音楽も聞けるようになりました。電池容量2倍になったし、偶然にも予備のMicroSDが装備できる仕様に。しっかりクリップも機能するよ。

明日から通勤で使おうかな…。

満足 満足

※ここで念の為自作時の注意を書いておきます。リチウムポリマー電池を扱う場合はそれなりの知識が必要です。充電電圧なり、電流なり…。最悪爆発しますからね。いやいやほんとに。今回みたいに外部に取り付けて製品として使用する場合は必ず頑丈なケースに入れてあげましょう。リチウムポリマー電池は外装が柔らかいのですぐに傷が付きます。それに針とか刺さって穴が空いたらそれこそ爆発しますのでご注意を。


ついでなのでこんなやつも購入

これはジャンクでなくまともな製品。バルクで置かれていた生身のLED基板 399円

USBに挿し込む事ができ5Vで駆動。タッチでON・OFF、輝度調整可能な優れもの。裏の黒い部分を短押しでON・OFFでき、長押しで触れている間任意の明るさに調光できます。MAX輝度時はかなり明るく光ります。モバイルバッテリーに挿し込めばすぐ照明として機能できるので車いじりのワークライトとしても良し夜間の懐中電灯や撮影の照明として使用しても良しな万能な一品。

真っ暗な河川敷にてテスト

爆光!!

こいつは使えるぜ!!

あなたの参考になればラッキーと思いたい


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
*/Amazon mobile popover*/