【自作】廃棄物からはぐれメタルを作ってみた

電気部品を接着するハンダのクズをじっと眺める

       

かき集めて熱してにしたら面白そう

       

ちょっとやってみようか

       

いつの間にかはぐれメタルみたいな形になってる事に気づく

       ↓

廃材のアルミテープワッシャーで目と口を作ってみる

       ↓

おぉっ!! はぐれメタル完成!?


という流れ(笑)

見た目的には泡出てないし、体はボコボコしててちょっとキモめ(笑)

変な針金が刺さってるのはのちに解明します。

それでは自作はぐれメタルのスペックを紹介してみましょう

 


大きさは

アイコスの箱(約75mm×50mm)からちょっと飛び出すくらい

小さくていい感じ


重さを量ってみた

重量 240g

見かけによらずそこそこな重量感。まぁ、全身メタル(ハンダ)だからね。

どれくらい重たいかと言うとハンドスピナー4個分。ちょっとわかりづらいかw


で、刺さってる針金は何!?

廃材の針金とワニグチクリップを装備して掲示用メモクリップなるものに改造

引きで撮るとこんな感じ

塗装の乾燥台としても使えるよ♪


まとめ

偶然思いついた作品!?だけどそこそこ満足。低クオリティー感は否めないがそれなりに仕上がったと思う。オブジェにする予定が思いつきでワニグチクリップを装備したら使える便利アイテムになった。すぐに逃げられないようにこれから可愛がっていこうと思う(笑)

【注意】このはぐれメタルは廃材のハンダクズを集めて作っています。作る際にはそれなりの知識と安全管理・環境配慮が必要です。もし作りたい方がいましたら上述の事に気をつけて作って下さいね。多分いないと思うけどwww

あなたの参考になればラッキーと思いたい

ではまた^^)


気になる本物のはぐれメタルグッズはこちら↓

こちらの記事もおすすめ

トイザらスのハンドスピナーを買ってみた
気になる商品あれこれの記事に取り上げていた例のあれ 買ってきました。 ハンドスピナー 先週こどものおもちゃを見に行...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
*/Amazon mobile popover*/