2017年素人がGoogle Adsenseに合格した時の話

ここに俺氏の場合のGoogle Adsenseの合格事例を書いてみようと思います。

この記事に訪れて下さった人はおそらく周知のことだと思いますがGoogle AdsenseとはGoogleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービス。

掲載された広告をクリックするとお金が発生する仕組み。

このサイトを立ち上げて1ヶ月ちょっと経ちますが、記事を書き始める以前はGoogle Adsenseの存在すら知りませんでした。それまではサイトを立ち上げるどころかそもそもブログすら書いたことのない全くの素人でした。

そんな俺ですがGoogle Adsenseという存在を知り、少しでもサーバー代の助けになればと思いこんなブログサイトだけど審査に通るかダメ元で申請してみました。

あとで知ったことなのですが近年Google Adsenseの審査に合格する事がかなり難しくなっているみたいですね。2016年10月あたりから厳格化されたとの事。

そんな中、2017年2月ほぼ無知なまま申請をしてみることに。

1回目の申請
1次審査  結果即日合格

ここまででやっていた事というと、特に何もしておらず以下の通り

・このサイトで申請したので自分の独自ドメインを持っているという事
・サイトを立ち上げ始めて10日しか経っていない事
・記事は2記事しか書いておらず1記事あたり2000字前後
・両記事とも画像を使い1記事はタバコの内容を書いていた

この状態で即日合格をした。

どうやらこの一次審査はあってないようなもので独自ドメインのサイトを持っていればすぐに通るみたいだ。次は難しいと言われている2次審査。

2次審査
審査用のコードを指示通りサイトに貼り付けてそのまましばらく放置
審査中は記事を毎日更新ということはせず気の向くまま書いてみたい記事を書いていた。
10日後審査結果が届いた。
結果は不合格
内容は不十分なコンテンツ

この時のサイトの状況は
・記事数8
・どの記事も1000文字以上はある
・画像貼り付けyoutube動画の挿入もしていた
・タバコの記事も書いていた

タバコの記事もコンテンツポリシーに触れる可能性があるから避けるべきと書いてあったり、画像や動画は避けて極力文字だけにしたほうが良いなどご教示いろいろあるが俺は特に気にせず書きたい様に書いていた。
まぁ、難しいと言われてるし最初から期待をしていなかったので不合格になってもいいやと思っていたからである。

2回目の申請
前回落ちてから12日後もう一度トライしてみる。
12日後というのは特に意味はなくまたまた気が向いたから申請しようと思っただけです。
1次審査はクリアしているので2次審査から再スタート
り方はボタンを押すだけ。

なんと、即日合格の返答が返ってきたのである。

12日間でやったことと言えば特に対策と言われることは何もしておらず以下の通り

・記事を新たに5記事追加し合計13記事に増加
・記事あたりの文字は1000文字は超えている
・記事内容に統一性はなく思った事を書いている
・相変わらずタバコの記事も増加し更新している
・画像やリンクも気にせず貼り付け
・アフィリエイト系の広告も貼り付けていた

以上の様な状態でしたがすんなり合格しました。

いかんせん対策やら基準はわかりませんがコンテンツ不十分という最初の指摘はクリアされたみたいです。

これは個人的な意見ですがひとつ思い当たることをやったと言えばカテゴリーを無意味に増やすことはせず必要なカテゴリーを厳選して無駄なカテゴリーを削除した事です。1カテゴリー内に最低3つは記事がある状態にしました。あと考えられるのは絶対的なサイト運営時間でしょうかね。初めて審査を出した時はやり始めて10日でしたから。

このようにして申請から22日でGoogle Adsenseに合格したのでした。

 対策をして何ヶ月もかけて5回6回チャレンジされているという方々がおられる中、俺氏の場合は特に対策という事を考えず書きたいように書いて申請してみたらすんなり通ってしまったという結果でした。

審査に明確な基準というものが存在しない様なのでなんとも言い難いですが

ラッキーなのか、なんなのか。

 こんな一例も存在するということでした。

もしかすると普通のことなのかもしれませんがどなたかの参考になればラッキーと思いたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
*/Amazon mobile popover*/