ニューBMW320iを徹底的にイジり倒す。

みなさんこんにちは、どうも俺氏です。

今回は車の事について書いてみようと思います。それも少々パンチの効いた欧州セダンです。

2019年3月発売 新型 BMW 320i
BMW3シリーズとして位置し初代より40年以上歴史ある車種で2019年で7世代目のモデルとなります。型式は「G20」

ジートゥエンティー (笑)

そんなBMW320iですが、今回紹介したいのは (ここからが本番だよ)

パッと見普通に見えるんだけど実はいたるところがバキバキに改造してあるNEW320iです。

その名も デモカー BMW 320i M sport

発売して間もない320iですが、この車すでにイジり込まれてます。しかも内容がめちゃコアなんです。上の写真を見てわかります?。面白くなってきたでしょ~(笑)

日本では高級ブランドのイメージが強いBMWですが、欧州では割と一般的な車なのだそう。特に320iは大衆向けでそこらじゅうで見かける事がきるんだとか。

あえて ものすごっつ エグい スポーツカーじゃなくて こういう車をスマートにイジり込む。

だからこそカッコイイんですよね。

ジェントルメンの嗜みですね。若者が乗ってても最高にCOOL!!

そんなところに惹かれて今回紹介させてもらいたい訳です。

さて、そんな車の乗り主はというと、私なのですが!!

 というのは丸っきり嘘ですw すいません

大阪にあるTECH-Mという自動車チューンドショップの方でした。BMWを専門的に扱うお店で、その界隈では知る人ぞ知る名ショップなのだそう。徹底的にイジってくれるので全国各地から足を運ぶお客さんが絶え無いんだとか。かゆいところに手が届くまさにそんな感じなのでしょう。

この度たまたまデモカーに触れ合う機会に恵まれまして車両を紹介させてもらう事ができました。というか私が勝手に紹介しています。だってカッコイイんだもん(笑)

これからいろいろ書いていきますので最後までお見逃し無く。

この車がどの様にイジられているのか それでは

徹底レビューしていきましょう。


足回り

フロント

ホイールはRAYS最新ホイールG27を装備。サイズは19インチ。:純正7.5J×18in
ホイールを止めているホイールボルトはThunderBolt製のスタッドコンバージョンボルトで航空材料に使用されるチタンでているんだとか。

BMWなどの欧州車は国産車とは違いハブからボルトが出ておらず、ハブにタップが切ってあり、ホイールボルトというボルトでホイールを固定する仕組み。
しかし、そこをあえてスタッドボルト(頭が無く両端にネジ部を持つボルト)にすることで、ホイール脱着時の穴位置合わせがしやすくなると同時に、航空向けチタン材を用いることで、純正スチールボルトに比べ繰り返しの締め付けによる疲労に強く、取り付け信頼性が向上する上、60%の軽量化も図られている。というスグレモノ

ブレーキキャリパー・ローターもフルカスタム

キャリパーはなんとオリジナルで制作された物だそうで、これ実は、本来アルファ ロメオに使うものをカスタムして作ってしまったんだとか。純正では1ポットで挟んでいるところを4ポットにしたくてわざわざ作ってしまったんだそう。4倍で挟みます(笑)効果は無論、ブレーキの効きを格段に高めるため。速く走れる=速く止まらなければなりませんからね。黒塗りケースに赤でtech-mの文字も映えているところもポイントです。

ビッグローターも特注でレーシングローターで定評のRddとのコラボ品。レーザー刻印でTECH-Mの文字が彫られているのが見えます。芸が細かい!!

ヤベーなこれw

俺氏の頭すでにパンク寸前。こんなん説明を受けないと絶対わからないw コアすぎるでしょ!!パッと見普通に見えちゃうから紳士過ぎて…。かっこ良すぎんだろぉ~。ある意味このサイトにふさわしい内容なので安心。じゃんじゃんいきます。


リア

ホイールはフロントと同じくレイズのG27_19インチ。ビタビタにぶっ込まれてます。ハブボルトはもちろんチタン製。ちなみに車高も落ちていますが、聞いてみるところによると、新しい車両なのでまだ車高調とか出てないんだって。

へぇ~、んっ? いやいやいや、どうやってやったの?w

 → 詳しくは店頭で要相談(笑)

リアのローターもRddの特注品。こちらも奥の方でtech-mの刻印が光ります。ただしキャリパーは純正品を使用しています。これには訳があってオートブレーキホールド(電動パーキングブレーキ)が動作するからです。この機能は今まで5シリーズ以上でしか搭載されていませんでしたが、今回の新型3シリーズでは搭載されたそうです。


エクステリア

一見純正風に見えるフロントですが、実はリップスポイラーが取り付けられています。カッティングシートでアドレスが書かれている部分ですね。まだG20用のリップが無かったのでオリジナルで作ってしまったのだそう。X4用リップと他車種のリップを組み合わせて作られたフルカスタム品。すごい…。

サイドとリア周りはさり気なくカッティングシートが施されています。このゴテゴテしていないところがハイセンスですよね。すいません偉そうに


パワートレイン・給排気系

エンジン周り、給排気系のメカニカルな部分は全くイジられてないそうです。ただし、DMEチューンが施されているとの事。私は全く知らなかったのですが、BMWではECUのことをDMEというそうで、このDMEのプログラムを書き換える(チューンドする)ことによって本来持っている性能が全開放されるそうです。この事を「DMEチューン」というそうです。

それによりこの車両は310馬力というバカパワーが出せる仕様になっているそうです。それであのブレーキが必要なんですね。納得。(ノーマル:184馬力)

最新車両のDMEは通常強固なセキュリティーで固められており書き換えは困難だが、TECH-Mでは世界最速で解析に成功し、チューンする事に成功したんだとか。

いったいどういうことなんだ…。先生!!ここにやばい車ありまーす。


インテリア

座ってみるとすごく剛性感を感じます。おっ?ん?違和感のあるメーター

SPEED LIMIT 330km/h REV LIMIT 8000rpm

俺氏「これ標準なんすかね?」
乗り主「いや、違います。コーディングでカスタムしてますね。」
俺氏「コーディング!?」

コーディングとは先程のDMEチューンと同じ様にコンピューターのプログラムを書き換えて制限されている機能の開放や国ごとに設定されている仕様に変更することを可能にする技なんだそう。

マジか!!

コーディングを使うとこんな事↑ができたり、あんな事ができたり….。

先生!!凄すぎて意味分かんないす…(笑)


おまけ

今回いろいろと教えて頂いている中で、2019年モデル3シリーズ自体がとても良いという事をおっしゃいたので、そのいくつかを紹介したいと思います(過去モデルとの変化点)

・剛性感がUP
・フロントグリルのワンマスク化
・オートパーキング機能
・自動運転
・パーソナルアシスタント機能
・後部座席の独立エアコン
・後退アシスト
・メーター・パネル類フルデジタル化
・タッチパネルになっている
・エアバッグのステッチの感じ(オシャレ)
・いろんなところが光る

320iのエンブレムをつけているが、これは完全に5シリーズのレベル。侮れない素晴らしい車との事でした。


まとめ

今回は「ニューBMW320iを徹底的にイジり倒す。」というタイトルでしたが、この度縁がって出会うことのできたTECH-Mさんの協力のもと記事を書かせてもらいました。

ここで、一応お伝えしておきますが、

最初からお気づきの通り 言わずもがなですが、

そうなんです。イジっているのは私ではなく、TECH-Mさんですよ(笑)

今回通してわかった事は、まずBMWが単純にいい車と思った事と、この車ってこんなにイジれる面白い車なんだっていう事がわかった事です。というかそれに気づかせてくれたTECH-Mがマジでクレイジー凄いということがわかりました。これは全国から人が集まるのもうなずけますね。車好きとはこういうことかと思いました。コアですね~。まだまだ私も修行が必要です。

これを見て興味をもった方がいらしたら是非店頭に足を運んでみて下さい↓
https://www.tech-m-power.com/

さらなる深みにハマるかもしれませんw

BMWの事をあまりよく知らなかった俺氏ですが、今となっては完全に虜。どうしてくれるんだ一体。俺にはそんなお金一銭もないよ(笑)


+ALPHA

TECH-M キャリパー・ローター開発秘話↓
THEC-Mオリジナルキャリパーキット

300馬力達成秘話↓
やったぞ!!G20 320i 300馬力オーバー!!!!

ホイール・車高調の話↓
ローダウン♫ノンダストパッド♫RAYSホイール♫

あなたの参考になればラッキーと思いたい

↓この記事を気に入ったらシェアしよう!

フォローする

スポンサーリンク