2018年今更ながらマイニングに挑戦してみた マシン追加編 2

今回の内容は

マシン追加編1に続きまして

追加編2ということで、残りのT3400、T3500を2台一挙にマイニング専用マシン化していきましょう。

マシンというほどの物ではないけども

なんというか

その方がカッコイイから

それではやっていきましょう


T3400

前回同様実績のあるGTX1050ti✕2枚買いました。

T3400の標準電源が375Wなので結局この子にはこれしか無いのかなと。

今回はネットで一番安いやつをポチりました。

この際、安けりゃ何でもよい(笑)

Palit Microsystems NE5105T018G1-1070F

17112円(税別・送料込)

これはドスパラのweb限定モデルらしいので素直にドスパラのwebで購入。品番だけ見るとGTX1070かと思ってしまう紛らわしい仕様。← そう感じるのは俺だけ!?

ドスパラWEB→NE5105T10G1-1070F

特徴としてはターボファンブレード、ハニカムブラケットで冷却・排熱に考慮したデザインと記載。ヒートシンクをみるからにASUSと一緒であんまり冷えそうに見えませんが、まぁ、こんなもんでしょう。いいんです、最初から期待してませんから(笑)

コアクロック1392MHz@Boost 1290MHz@Base メモリ4096MB@7000MHz コア数768 消費電力75W

難なく制作完了

動作も問題なし!!


T3500

T3400を作っていたら我慢できずに店頭で買ってきました。

GTX1050ti✕2枚 ← また1050tiかよという声が聞こえてきそうな事は自覚案件。

近くのパソコン工房で購入。

MSI GEFORCE GTX 1050TI 4GT LP レビューと価格チェック→MSI GTX1050ti

セール品2枚で4万弱。何も考えんと購入しましたが、箱がやたら小さいと思ってたら中身も小さいんですね。

ロープロファイル設計で小型PCにも対応しているようで、短いステーが付属しています。小さい割にはデュアルファン搭載、高耐久部品使用など興味深い一品。

コアクロック1392MHz@Boost 1290MHz@Base メモリ4096MB@7008MHz 消費電力75W

さすがロープロファイル、半分の大きさで収まっている!!

俺のPCには関係ないけどな(笑)

こやつもリニューアル完了です。


これで知り合いの業者から頂いたT3400✕2台 T3500✕2台 計4台のPCはこれですべてマイニングPCとして生まれ変わる事ができました。

グラフィックボードはなんだかんだでGTX1050tiが計8枚に…。

1050tiマニアみたいなってるけど致し方ない。

本日より4台24時間ぶん回していきたいと思います。

また何かネタがあれば書いてみたいと思います。

あなたの参考になればラッキーと思いたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク