BMW E90 エアコンガス充填

エアコンが効かなさ過ぎてもテキトーに窓全開でやり過ごしていたE90ですが、先日のワゴンRでエアコンガス充填に成功して以来調子づいてきたのでこの車両にもやってみようかと思い立ち早速やってみました。

2年前にショップでエアコンガスクリーニングを実施したのですが、もうくたびれた様で…。

まぁ、このような車ではあるあるとの事であきらめていましたが、ワゴンRの件で自分でやれば意外と簡単で低コストである事がわかったので味をしめた次第です。

まずは低圧ポートを探します。ボンネット開けたら助手席前にありました。すぐわかりました。

充填については前回やったこともあり頭の中では要領よく進められている都合ですが、何度もやる事でもないので細かい手順をすぐ忘れてしまってますね(笑)自分の書いた内容を見直して作業を進めていきます。こういう時に備忘録的ログは役立ちますね。WEBだとスマホさえあればどこでもアクセスできますし。きっと今ここで書いている内容も2年後に役立っている事でしょう。

一通りおさらいを書いておきます。

1.チャージホースの蝶ネジを回して針をMAXまでしまっておく
→針がガス缶にささらないようにする為。この状態で2へ

2.エアコンガス缶をチャージホースに取り付ける
→ガス管をつけたチャージホースが完成したと思います。この状態で3へ

3.チャージホースを低圧側に取り付ける
→上の写真の状態となります。

4.ガス缶自体をゆっくり回して一瞬プシュというまで回してすぐ閉める(蝶ネジではないですよ)
→エアパージと言って管の中にある空気を押し出してやる作業です。

5.エンジンをかけてコンプレッサーを最大限回す(AC ON 最小温度 最大風量)
→この車両はMAXボタン一発でフルパワーになります。

6.ここでゲージを確認し、充填を行うか判断をする。
→判断方法はワゴンR時に書いた他サイト様の情報を参照。よほどよくわからない状態でなければ入れても問題はないと思います。ただし自己責任でお願いします。

7.蝶ネジを回しこんでガスを充填する
→蝶ネジを回しこみガス管に穴を開けてその後蝶ネジを戻しガスを冷媒管に注いでいきます。

エンジン熱で温めてから逆さまにするとガンガン入っていきます。(これが良いやり方かというのは別として)すぐに1本空になりました。E90はガス容量が500gなので1缶200gのガスだと半分以下と思いますが、実際は1缶でも入れば十分に復活します。逆に2缶チャレンジして入れすぎとなっても不安だったので1缶でやめたことは正解でした。使用するガスとガス容量についてはボンネット裏に記載があります。ここまでの作業時間10分。無駄に慣れた感を発揮しています。調子のってます。すいません(笑)

ということで、一通り作業を終えしばらくドライブしてみると…。

すで前述していますが、まぁよく効くこと。

とりあえずでも騙しで食いつなぐことはできました。またすぐにダメになったら部品の故障を疑うことにします。その時はさすがに覚悟は決めますが…。

 

あなたの参考になればラッキーと思いたい

コメント

スポンサーリンク

今度PCからも見てみてね♪

さいごまでありがとう♡
タイトルとURLをコピーしました